M2[エムニ]/Mille Misa [みるみさ]/生まれつきの『カラリスト』

色聴の共感覚を持つアーティストmisa 革職人向け・皮革用塗料ブランド『M2(エムニ)』 独創的配色の手染め革製品『Mille Misa(みるみさ)』2ブランド同時進行で頑張ります Japan🇯🇵/Tokyo/natural-born colorist

M2染料のグラデーション・ボカシ染め、革の手染め染色のやり方


f:id:mille-misa:20181213092227j:plain






「タンニン鞣し生成りの革はそのままだと汚れやすいが、防汚効果を向上させ、それでも経年変化をさせられる革にする事は可能か?」




「手染め後の染料の発色をなるべく落とさず、明るい発色を維持させながらコーティング加工をさせる事は可能か?」





答えは、可能です。





とりあえず、このまま順を追って文章を読み進めて行って下さいませ。。






おはこんにちばんは!✨ヽ(・∀・)ノ



Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]店長のmisaです。



先日、Instagramにて手染め初心者向け・グラデーション染め、ボカシ染めの染色革染め動画をアップしました🌈(*’ω’ノノ゙☆パチパチ




その動画はコチラ↓↓
私のInstagramアカウントに飛びます。

https://www.instagram.com/p/BrCq4ExF9Bl/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=17sz4odkv863f




今回の記事は、上記の動画を観つつ読み進めていって下さい。



1つ目の動画がスタートする前に、革にM2塗料のプラントオイルを入れております。



f:id:mille-misa:20181213093655j:plain
右からプラントオイル、エッジカバー、アニマオイル




M2染料での染色前は『オイル』を入れる事をオススメしております。



オイルにもいろいろと役割があって、これは用途によって使い分けます。



詳しい内容は私のブログやInstagramの過去ポストに全て記載しておりますので、そちらをご参照下さい。



さて、プラントオイルを入れたら手染めスタートです💡🎥



まぁ、このグラデーション染めは正直な話、めさんこ簡単です(笑)



小学生でも出来ると私は思っています。




それくらい、この外側が濃くて内側が明るい色になるようなボカシ染めは簡単ですw



ウチのM2染料は必ずM2染料専用の希釈液・ディルエントで薄めてからご使用下さい。



f:id:mille-misa:20181213093858j:plain
右がディルエント(アルコール性)
左がシンナー(ラッカー性)
手染め初心者の方にはディルエントをオススメしております




M2染料は30年以上に渡り国内外問わず、某ヌメのタンナーも使用してきた本物の皮革用塗料です。



濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です。




一般マーケットに正式にお披露目したのは今年の2月から開始した為、まだまだ世のクラフター間での認知度は低いですが、これからもどしどし❗️❗️日本のさまざまな地域でイベント出展等もしつつ、この塗料を皆さんに実際に触れて・体感していただき、良さを知っていただけるよう只今全力で活動しているところでございます(*_ _)



皆様どうぞ、今後も引き続きあたたかい見守りの眼差しをよろしくお願い申し上げます。




f:id:mille-misa:20181213094057j:plain
店長misaプロデュースのM2染料たち
今後、両溶性染料の色数を増やします
※溶剤性染料のバリエーションは増やしません(笑)


f:id:mille-misa:20181213094132j:plain


f:id:mille-misa:20181213094205j:plain


f:id:mille-misa:20181213094229j:plain


f:id:mille-misa:20181213094254j:plain



レザークラフトの染料をよく「水性」とか「アルコール性」とかって分けてる人、たくさんいますが本当はそうじゃないんすよね。



今日本で出回っているレザークラフトの染料って「単に革に色をつける」事しか考えていないで製造されているから、用途はそれにしか使えないんです。




ですが、ウチの染料は違います。




他の塗料にも混ぜられる仕組みになっているのが両溶性。水や他のものとは混ぜられないのが溶剤性



おそらくこれを読んでいる方々、タンナーとかの企業人でない限り上記の言葉は聞いた事のないものでしょう(^^;)



例えばM2のエッジカバー(床面・コバ処理剤)に染料を混ぜてご自身のお好みの色を作ったり、メタリックペーストに染料を混ぜる事も可能です。これが両溶性。



逆にメタリックや水等に混ぜると分離するのが溶剤性です。
これに関してはレザークラフトをより突っ込みたい方、これらの塗料に関して知識が十分にある方(専門家)、私に質問しなくても意味がきちんと正しく理解出来ている方なら問題なくご使用いただけるかと思います。



まぁ…半年前までこの塗料は一般市場には出回っていなかったから、皆さん知らなくて当たり前なんですけどね(笑)



私と姉妹店のりうさんが、日本中のレザークラフトを愛する作り手さん達向けに今年の2月より正式に発信を始めたばかりなので。



ですので、まだまだ個人クラフター間では認知度の低い染料ではありますが、この塗料を使用してから「レザークラフトの世界観が広がった!!✨」と、多くの方々から反響のお声を大変ありがたい事に頂戴しており。。



本当に私は、感無量でございます(*_ _)



これからも一人でも多くの革職人・クラフター・作り手さん達にこの塗料の事を知ってもらえるよう、頑張ります。




話は長くなりましたが、これからの時代を担うレザークラフター達には、まずその根本的なレザークラフトに対する考え方からシフトチェンジさせていってほしいですね。





お客さん「この染料、何系なんですか?」


私・ボス「革系です(真顔)」




※M2塗料は革の事を考えて設計されていますからね💡必然的に「革系」になるんす(以下略)


用途によって、ご自身で革の事を考えながらM2塗料を調合していく事によって、貴方だけのオリジナリティ溢れる作品・製品をつくる事が出来ますよ(^^)


見栄えだけを考えるのではなく、革にとって優しい、最善の料理をして下さい。


その為には、他人がやっている事を単に見よう見真似でやるだけではなく、あなた自身の頭で… あなたの考えで革へ負担をかけない塗料とは何か。
革にベストな製作方法とは何かを考える。



グーグルさんに安易に頼り過ぎないで。

.

皮革関連に関するネットの情報は、誤った情報があたかも正しい情報かのように長い年月をかけて独り歩きしている傾向にあります。

.

それを世の人々は “レザークラフトの正しいやり方だ” と思い込んでいる人、たくさんいます。




私はその現状が、とても悲しいのです。

ものすっごく、悔しいのです。



だから、私はここに声を挙げて今、この記事を読んでいるレザークラフト好きのあなたに問いかけます。


人間の肌と同じで、革も厚化粧をしたらヒビ割れをしたり、革が殺されます。


水でベタベタ革を濡らせば、革の毛穴が開いて傷みます。


まず、これを読んでいるあなたは正しいレザークラフトの知識を勉強して、身につけて下さい。


M2塗料の扱い方でどうしても分からない事があれば、私にコンタクトを取って聞いて下さい。


本気でご自身のレザークラフトの技術を向上させたいと思っている方や、皮革関連の正しい知識・情報を身につけたいと思っている方には、私は全力であなたをM2塗料を通してサポート致します。




f:id:mille-misa:20181213103941j:plain
misaが染めたカワーズ(←革達って意味w)
左下のは秘技みるみさポンポン!で染めたやつ





はい!!
話は戻しまして…



染料とディルエントの比率は1:1が基本です。



そこから、濃さはお好みで調整していって下さい。



染色後は『ウレタントップ マット(艶消し)』を薄く塗って乾かす、を3回程繰り返します(←Instagramスライド4枚目動画参照)



これをする事によって、汚れづらいけど経年変化がする革をつくる事が可能です。




f:id:mille-misa:20181213092915j:plain
動画でウレタントップマットを塗った革にペンで分かりやすいよう説明書きをし、水を垂らしてみた実験結果の様子


f:id:mille-misa:20181213092957j:plain


f:id:mille-misa:20181213095907j:plain
右からウレタントップマット(艶消し)、スタンダード(半艶)、グロス(艶有り)


f:id:mille-misa:20181213100013j:plain
M2ワックス3種類
固形・クリーム・乳液タイプをご用意




当店のM2ワックスは天然由来成分100%の濃密なワックスです。
革に塗ると防水防汚効果が得られます。
ある程度の水も弾きますが、ウレタントップマットを塗ってからワックスを塗ると、ワックスが革の表面に残る為防水防汚の効果が直接革に塗るより高まります。



Instagramスライド4つ目の動画を観ても分かる通り、これは手染め後にやっても同じ事が言えます。



手染め後にそのまま濃密なワックスを入れると生成りの革は肌色をしているので例え明るめの青色の染料で染めたとしても、緑がかったような若干暗めの色になってしまいますよね。



ですが、その問題も手染め後に当店のM2ウレタントップ マット(艶消し)を使う事によって防ぐ事ができ、更に防水防汚の効果もより強くさせる事が可能になります。



下地(手染め前の革)にプラント・アニマオイルを塗りこんでおく事で、オリジナルの防汚性のあるオイルレザーも作れますね。



ウレタントップマットをトップコートとして使う事により、手の垢や日常生活を送っていく上で自然と汚れてしまう汚れを防ぐ事が出来ます。



つまりは、従来『経年変化』と呼ばれている本当の意味での経年変化=長い年月をかけて味わいのある感じに、ゆっくりと変化を楽しめる革を個人の作り手でも作れる事になります。




タンナーが作った革は、数ヶ月で色が真っ黒になったりしませんよね?

.
.

長い年月をかけてこそ、本当の意味での『経年変化』と呼べると思いますし、それこそが『経年変化』なのです。





たかだか数ヶ月・半年くらいで黒く(人によっては経年変化と呼んでいるような汚れ)になるのは、ヤバイですよ💧



それは、単に革を汚しているだけだという事に、気付いていない方には切実に気付いてほしいですね。。。



とまぁ、こんな感じで今回は初心者向けの簡単な手染めグラデーションの動画を撮ってみました💡(^o^)



また気が向いたら、今度はちょい難易度が上がる「ランダムに染料を入れていく染め方」の動画でも上げる事にします(笑)



わたくしの秘技☆みるみさポンポンアドバン・ブラッシュオフ製法ね✨(。-∀-)bニヤリ




※【M2塗料】にご興味をお持ちの方は、是非お気軽にM2公式サイトに遊びにいらしてくださいね🌟




f:id:mille-misa:20181213100128j:plain


f:id:mille-misa:20181213100140j:plain


f:id:mille-misa:20181213100321j:plain


f:id:mille-misa:20181213100345j:plain


f:id:mille-misa:20181213100415j:plain


f:id:mille-misa:20181213100225j:plain





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

名古屋開催のクリエーターズマーケット、無事に大盛況にて幕を閉じました☆


f:id:mille-misa:20181205105637j:plain
わたくしmisaが人生初!!京都の伝統技法のやり方で巻いた絞りの革に、スプレー塗装をした時の写真

本物の皮革用塗料『M2塗料』で個人のクラフター・職人・作り手がスプレー塗装を出来るようにしたのは、日本では我々しかいないと断言します

他ではまずやっていないし、他社製の染料では根本的な質からして出来ません(笑)

ウチのM2塗料だからこそ、エアブラシでも吹き付け可能ですし、もともとM2塗料はタンナーがスプレー塗装をする為に開発・製造されてきたのでね💡





おはこんにち☀️



Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]店長のmisaです。



12月1・2日… 無事に名古屋にて開催されたイベント『クリエーターズ・マーケット』幕を閉じました!!



染めに特化した集団 INKs[インクス]ブースにお立ち寄りいただきました皆さん、ありがとうございました(^^)



SNSで繋がっていた方々からはじめましての方々…塗料はネットで取り寄せていたけど、ワークショップには初めて来ましたという方々etc...さまざまな方との出会いがあり、いつもイベントの度に会うレザー関連のお仲間さん達と過ごす時間もあり。



SNSで繋がっていた方々とは、なかなか私はゆっくりお話は出来ませんでしたが、またいつでもお気軽に遊びにいらして下さいね(^^)



関西でのイベントだからこそ、関東近辺ではなかなか会えない方々との時間も過ごす事ができ、私も嬉しく感じました!



今後も九州や中国地方等でのイベント出展も只今ボスと検討しているところでございます。



また皆さんにお会い出来る日を、心より楽しみにしております。




そして一昨日は、大阪方面に車で移動してエアブラシの旅に行ってきました🌈🚐💨



さてはて… 今後の展開が楽しみですね(。-∀-)ニヤリ✨



ちょっと話は前後しますが… イベントではレザークラフト界のアイドル・ルイルイも今回初お披露目となるスプレー塗装を体験されていきました。


※下記URLよりその時の動画が観られます↓↓
私のInstagramアカウントに飛ぶだけなので、ご安心を(笑)


https://www.instagram.com/p/Bq3T-LfldJh/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=hl19onba67gv



そしてイベント初日にスプレー体験をされたトップバッターは、みんな大好き抜型工房川崎さんでした(笑)



f:id:mille-misa:20181205105925j:plain



他にもSNSで繋がっていた方や以前からお会いした事のある方々、そしてクリマのHPを見て「ここに来よう!と最初から決めていました✨」とおっしゃって下さった方も結構いらっしゃり… 大変たくさんの方々にお立ち寄りいただきました。




f:id:mille-misa:20181205110424j:plain
今回、京都からは いっち が我々の【染めに特化した集団INKs[インクス]】へ新たなメンバーとして加わり、京都の伝統技法を用いた革の絞り染め体験も披露しました💡



下の写真は、イベント2日目に初めてわたくしが絞りエアブラシをやった時のものです(←いっちが京都の伝統技法で巻いてくれた革(*´∀`)✨

我ながら初めてにしては、素晴らしい出来ばえだと自画自賛しているところであ(以下略)



f:id:mille-misa:20181205105713j:plain



そして下記の写真はINKsブースにギャラリーがたくさんいらっしゃった時のをパシャリ📸
めさんこ忙しい時にりうさんを完全放置し、いっちがブース内で見守る中わたくしはカメラにこの瞬間を収めるべくギャラリーの外へで(以下略)



f:id:mille-misa:20181205105735j:plain
左上に私の指が入っちまったデス(笑)


f:id:mille-misa:20181205105748j:plain


f:id:mille-misa:20181205105802j:plain





~~今後のイベント出展のお知らせ~~



【マクハリ ハンドメイドフェスタ】
会期:2018.12.22(土)-24(月)
時間:11:00-18:00
場所:幕張メッセ




🎍✨年が明けて…2019年↓↓✨🎍




【ハンドメイドインジャパンフェス 】
会期:2019.1.12(土)-13(日)
時間:11:00-18:00
場所:東京ビッグサイト 西ホール



【福岡 手作りフェア in九州】⚠️調整中
会期:2019.2.15(金)-16(土)
時間:10:00-17:00 ※最終日は16:30まで
場所:マリンメッセ福岡



【ハンドメイド マーケット】⚠️調整中
会期:2019.3.30(土)-31(日)
時間:11:00-18:00
場所:さいたまスーパーアリーナ



【ハンドメイド メイカーズ 】
会期:2019.4.25(土)-27(日)
時間:未定
場所:東京ビッグサイト



デザインフェスタ vol.49】⚠️調整中
会期:2019.5.18(土)-19(日)
時間:未定
場所:東京ビッグサイト




□ 革を染める ワークショップ
手染め/マーブリング/メタリックペースト/京都伝統技法の絞り/エアブラシ)
・コインケース
・鞄用ハンドルカバー
・ベルト(メンズ・レディース用)
・手帳カバー
・コードホルダー
・お財布ポシェット(大・小サイズ)
・メガネケース
・ペンケース
・キーケース



ブーススペースの都合上、座席数に限りがございます。
スムーズにご案内させていただく為にも、事前予約をしていただく事をオススメしております。



ご予約は info@lized.jpn.com 宛に
件名を「ワークショップ予約」にして
下記①〜④をご記入の上お申込み下さい



①お名前 *複数の場合は代表者名
②ご連絡先
③参加人数
④ご希望の日時



是非ぜひ!!
お気軽に遊びにいらして下さいね🌈🎨



レザークラフトのお題で、アツく語り合いましょうではないですか(。-∀-)b ニヤリ(笑)



当日皆さんにお会い出来る事を、心より楽しみにしております🌼




f:id:mille-misa:20181205110232j:plain


f:id:mille-misa:20181205110245j:plain


f:id:mille-misa:20181205110314j:plain
左からD.I.Y plusの高島さん、抜型工房川崎さん、INKsの新たなメンバーいっち✨
りうボスは写真には写っていません(笑)


f:id:mille-misa:20181205110329j:plain





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

革のスプレー塗装をやってみた & 名古屋イベント「クリエーターズ・マーケット」に緊急参戦決定!!!


f:id:mille-misa:20181129011418j:plain
りうボスの工場にてスプレー塗装をするmisa🌈(。-∀-)ニヤリ

スプレーを実際にやっている動画は、私のInstagramアカウントにて公開中☆






おはこん☀️!!!!!



Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]店長のmisaです。



昨日はりうさんの工場で、スプレー塗装の修行をしてきました✨ヽ(・∀・)ノ



それと、人生初のパーマをかけてみました!(笑)



なんかね…パーマをかけたらめさんこ老けて見える件w
我ながらモフモフの羊のおばあちゃんみたいになった気がしてならない…🐏👵




はい。



話は戻しまして、スプレー塗装は手首を固定し、肘・肩を軸に動かしていくのだとこの道うん十年のボスから教わったわけですが……



うん!!!!



見事にガッタガタになりましたね✨✨(笑)←Instagramスライド3つ目の動画



※コチラの私のInstagramページからそのスプレー塗装の動画や写真が観れます(笑)↓↓

https://www.instagram.com/p/BqteCBHlTx9/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1voktood9okhp


私自体は類を見ない変人だと自他共に認めておりますが、このURLは決して怪しいページに飛ぶわけではないのでご安心を(*_ _)←いや、misaはかなりの危ないヤツだから飛ばないほうがよ(以下略w)




とまぁ、話を戻しまして……



このスプレーを極めるには、まだまだ長い年月はかかると思いますが…とにかく、ものすっっっっごく❗️❗️❗️楽しかったです🌼(*´ω`*)アリガトウ🌈🎨



いやはや… このスプレーはですねぇ、レザークラフトをやっている方々なら、全ての人が使う対象になると思います。



インスタ1つ目の動画のは、お遊び感覚で自由にやらせてもらった感じのものなので悪しからず(笑)



スプレーに関する詳しいお話は追々するとして… 今週末の土日、12/1・2日は名古屋のイベントにいつもお馴染みりうボスと出陣します(^^)/



染めに特化した集団『INKs[インクス]』として手染めWSや日本初となる革専用マーブリングインク体験、メタリックペースト、絞り染め、そして今回動画に上げました『スプレー塗装』も✨初!お披露目予定です💡




【 クリエーターズ・マーケット】
会期:2018.12.1(土)-2(日)
時間:11:00-18:00
場所:ポートメッセなごや
ブース:体験教室ブース 2号館 J-14
ブース名:INKs[インクス]



【 マクハリ ハンドメイドフェスタ 】
会期:2018.12.22(土)-24(月)
時間:11:00-18:00
場所:幕張メッセ



□ 革を染めるワークショップ 
*手染め&マーブリング&メタリックペースト&絞り染め

・コインケース
・鞄用ハンドルカバー
・ベルト(メンズ・レディース用)
・コードホルダー
アコーディオンポーチ(大・小)
・メガネケース
・ペンケース
・編み込みブレスレット
・キーリング
・A5サイズの革お試し染め




f:id:mille-misa:20181129013422j:plain


f:id:mille-misa:20181129013430j:plain


f:id:mille-misa:20181129013636j:plain


f:id:mille-misa:20181129013811j:plain


f:id:mille-misa:20181129013839j:plain


f:id:mille-misa:20181129013909j:plain




ワークショップは席に限りがございますので、ご予約をオススメしております!
事前予約をして頂くとスムーズにご案内できます。



現段階で、既に名古屋イベントはたくさんのご予約をいただいております❗️❗️





予約はM2姉妹店Lizedのアドレス✉️info@lized.jpn.com へ、件名「ワークショップ予約」下記①〜④をご記入の上お申込み下さい。



①お名前 *複数の場合は代表者名
②ご連絡先
③参加人数
④ご希望の日時



それでは、当日イベント会場で皆さんにお会い出来る事を心より楽しみにしております🌼





f:id:mille-misa:20181129011556j:plain


f:id:mille-misa:20181129013715j:plain


f:id:mille-misa:20181129013927j:plain


f:id:mille-misa:20181129013505j:plain





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

ドラマのような、奇跡的な再会(初対面)…ガチで心臓が震えました!!!


f:id:mille-misa:20181113123440j:plain
misaのグラデーション染め
手染めが楽しくて仕方がない!!(笑)




昨日は昼過ぎまで死んだかのように寝てましたMille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]のmisaです。



イベント翌日は、いつも昼過ぎ・夕方・ワンチャン夜まで寝ております💧(笑)



結構イベントって体力・気力共に消耗するんですよ(^^;)




はい!!



そんなこんなで、一昨日無事に東京ビッグサイトにて行われたイベント『デザインフェスタ』幕を閉じました💡



ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました(^^)



f:id:mille-misa:20181113123558j:plain

f:id:mille-misa:20181113123637j:plain



今回のイベントでは、私にとって衝撃的な出会いがございまして。。



2年前頃に…まだM2をスタートさせるよりもかなり前の、私がMille Misaをオープンさせてまだ間もない頃ですね。



とあるお客さんからiPhone6シリーズの手帳型ケースの注文をいただき。



その数ヶ月後に「iPhone7に機種変更をしました。前に作ってもらった色合いがとても素敵なので、それと同じ色合いでiPhone7用のものを作ってほしい」との依頼をいただきまして。



当時、ネットショップでは手帳型ケースのポケット箇所を多収納ver.に変更出来るオプションページを作ったばかりで、その多収納ポケットに変更して製作させていただきました。



ですが、いざ完成させてケースを閉じてみると多収納ポケット分の厚みが出来た為、合わせとベルト箇所がキツくなってしまった若かりし頃の私…(ベルトの固定位置がいけなかった💧)



当時としては納期までかなりお待たせしてしまった事もあり、お詫びの気持ちとして心ばかりではありますが犬の絵柄を焼き入れした小銭入れを同梱して発送させていただいたのです↓



f:id:mille-misa:20181113123817j:plain
左側の小銭入れをおまけとして同梱させていただきました




今回のイベントでは、その時ご注文されたお客さんがたまたま私のブースの前を通られまして!!



りうさん曰く、そのお客さん(Sさん)は一度ブースを通り過ぎた後、戻ってきて犬の小銭入れをジーッと見つめていたそうで↓



f:id:mille-misa:20181113123527j:plain
今回のイベントのディスプレイの一部



f:id:mille-misa:20181113125640j:plain




そこでボスが「これ(犬の小銭入れ)はこの作家さんが作ったのですよ」みたいに話しかけたんだそうな。



するとSさんが「私、この小銭入れ持ってます。」とおっしゃり。。



ボス→(…ん??どういうことだ??)




この二人のやり取りは私は聞いていなかったのですが、後々ボスからこのような経緯を聞いたのです(笑)



そこで私が呼ばれてふとSさんの方を見たら、な、な、なんと…!!!!



わたくしめが作ったiPhone手帳型ケースを手に握りしめていらっしゃるではないですかああぁぁぁ❗️❗️❗️❗️Σ(*゚Д゚*)Σ(*゚Д゚*)Σ(*゚Д゚*)Σ(*゚Д゚*)Σ(*゚Д゚*)✨✨




f:id:mille-misa:20181113124047j:plain
感動のあまり、Sさんの前でわたくしの素晴らしい変人っぷりがより一層増していたであろうmisa(笑)




んでも、このカラーの手帳型ケースはこれまで何百という数を作って納品してきたので、どのお客さんかその時点では定かではありませんでした…



話を進めていくと、イベントのディスプレイにも置いていた犬の小銭入れは私は過去に2つ作っておりまして、そのうちの一つをSさんにプレゼントしたのはよく覚えておりまして。



そしてそして、Sさんは私が過去に取引をしたお客さんの中でも、とっても印象に残っている方の一人でして、当時の私としてはすっごく、もの凄く…!!!!嬉しく、励みになるお言葉を下さったお方でして。。



SさんのInstagramのアカウント名を拝見させていただいた瞬間、もうね、、、



心臓が跳びはねました(笑)




自分が作った製品を愛用して下さっている方に、事前に何のコンタクトもなく、相手側もそのような意図がない状態でお会いしたのは初めての事でした❗️❗️



『いつか街中を歩いている時に、自分が作った製品を持っている人に出会う…そうなれた時、おまえは本物だ』





結構前に、ボスに言われた言葉です。



まさかの、まさかですよ。



Sさん、とっても可愛がってくれているのが伝わってきました(*^^*)



その製品を作っていた時は、今ではなくてはならない存在の「M2塗料」は使用していない時期でしたので、手染めのカラーもピンクの箇所が若干黄色い感じになっていたり、色が抜けてしまっていましたが、これをM2塗料を使った手染めとコーティング、革を用いる事で防げます。



Sさんは12月頃にまた手帳型ケースを注文しますとおっしゃて下さったので、その時には我がM2塗料を駆使した、今出来る最善の技術を集結させた製品をお届けしようと思います。



いやはや…本当にこんな出会いってあるんですね。



ドラマのワンシーンかのような出逢い方でした(^^;)



今回のイベントでの一番の収穫は、このSさんとの運命的な再開(初対面)エピソードに大決定です❗️❗️✨✨



Sさん、本当にありがとうございました!!




このSさんの足を引き留めた犬の小銭入れは、販売兼見本用として毎回イベント時に置いておりましたが、今後は販売は絶対しないでとっておこうと心に決めたmisaでした🌼(*´ω`*)🐶✨






はいぃ!!!



そしてそっして~~~


ここからはイベント出展のお知らせです💡ヽ(・∀・)ノ



連日イベントが続いておりますが、今週の土日は横浜にて…翌々週には名古屋のイベントに染めに特化した集団『INKs[インクス]』 として出陣します💡




【 ヨコハマハンドメイドマルシェ 】
会期:2018.11.17(土)-18(日)
時間:11:00-18:00
場所:パシフィコ横浜 C-Dホール
ブース:C-43.44
ブース名:INKs [インクス]



【 クリエーターズ・マーケット】
会期:2018.12.1(土)-2(日)
時間:11:00-18:00
場所:ポートメッセなごや
ブース:体験教師ブース 2号館 J-14
ブース名:INKs[インクス]



【 マクハリ ハンドメイドフェスタ 】
会期:2018.12.22(土)-24(月)
時間:11:00-18:00
場所:幕張メッセ



□ 革を染めるワークショップ *手染め&マーブリング&メタリックペースト
・コインケース
・鞄用ハンドルカバー
・ベルト(メンズ・レディース用)
・コードホルダー
アコーディオンポーチ(大・小)
・メガネケース
・ペンケース
・編み込みブレスレット
・キーリング
・A5サイズの革お試し染め



ワークショップは席に限りがございますので、ご予約をオススメしております!
事前予約をして頂くとスムーズにご案内できます。

ご予約はLizedのアドレス【info@lized.jpn.com】 へ、
件名「ワークショップ予約」下記①〜④をご記入の上お申込み下さい。



①お名前 *複数の場合は代表者名
②ご連絡先
③参加人数
④ご希望の日時



今週末の横浜でのイベントは、いつもお馴染みメンバー皮革用塗料メーカーLized[リゼッド] とレザーカラリストMille Misa[みるみさ]/M2[エムニ] が常駐します。



また、助っ人として地元横浜からナインズシーと、革製品にアツ過ぎる情熱を注ぐ青年トレさんが参戦します。



12月頭の名古屋で開催のイベント「クリマ」は、LizedとMille Misa/M2で出陣予定です。



関東近辺を中心に毎月どこかしらでタンナーも使用する本物の塗料を使用した手染めWSを開催しております。



M2塗料の扱い方等で何か分からない事や質問等ございましたら、いつでもお気軽にイベントへお越し下さい(^^)



その場でサクッと問題解決しちゃいましょ💡



「なんかまわりの人達、最近ココの塗料使い出してる人増えてきたから興味はあるけど、行こうかどうしようか迷っているのよねぇ…」



という、そんなあなたは是非いらっしゃい❗️❗️(笑)



やらないで後悔するより、やって後悔した方が絶対良いと私は思っております😁



まぁ、我々のWSを受けて後悔させたお客さんは一人もいないと断言しますが(笑)



私たちのWSを受けたお客さんは百発百中「すっごく楽しいね♪」とおっしゃって、帰宅されます。



それでは、イベント会場で皆さんにお会い出来る事を心より楽しみにしております🌼




f:id:mille-misa:20181113125144j:plain
misaプロデュースのM2染料


f:id:mille-misa:20181113125204j:plain
日本初となる革専用マーブリングイン


f:id:mille-misa:20181113125223j:plain
左からアニマオイル(動物性)、エッジカバー(コバ・床面処理材)、プラントオイル(植物性)


f:id:mille-misa:20181113125244j:plain
M2染料の設計に適した配合比率の希釈剤


f:id:mille-misa:20181113125305j:plain
M2オリジナルのワックス3種類
ハニーワックスとハニークリームは天然原料100%の濃密・良質なワックスです





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

スカイツリー催事&浅草ものこぼイベント、無事に幕を閉じました~☆


f:id:mille-misa:20181031111359j:plain
misaプロデュースのタンナーが使用する本物の皮革用塗料『M2染料』を使った手染め革製品たち





おはこんにちばんは🌄☀️🌃



Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]店長のmisaです!



連日続いていた、10月19日(金)~24日(水)に2つの会場で開催したイベント… 革とものづくりの祭典・浅草エーラウンド/浅草ものづくり工房の『ものこぼ』、東京スカイツリーの『すみだレザーパーティー』WS、無事に幕を閉じました



ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました!!



いつもイベントのご報告が遅くなってしまい、すみませんね…(*_ _)



Instagramでは随時情報は更新しているのですが、ブログとなると記事を長く打たんといけんくて、それなりに時間がかかる為、最近はブログ記事の更新が遅れぎみになっております。。(←言い訳長いわ💧w)



なので、私のリアルタイムの活動状況や配信にご興味をお持ちの方は、是非Instagramにて私とお友達になってやって下さいませ♪(*´-`)



🌼misaのインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/



インスタはだいたい2日に1回くらいの頻度で更新しております。




話は戻しまして、スカイツリー催事はWSが21日(日)に終わり、催事(物販)は24日(水)まで…トータル6日間💡開催しておりました(^^)






f:id:mille-misa:20181031111723j:plain


f:id:mille-misa:20181031111757j:plain


f:id:mille-misa:20181031111820j:plain


f:id:mille-misa:20181031111846j:plain


f:id:mille-misa:20181031111910j:plain


f:id:mille-misa:20181031111928j:plain


f:id:mille-misa:20181031111954j:plain


f:id:mille-misa:20181031112011j:plain


f:id:mille-misa:20181031112038j:plain


f:id:mille-misa:20181031112056j:plain



いやぁ…ね❗️❗️❗️



ものこぼ楽しかった✨ヽ(・∀・)ノ





今月頭に新宿オカダヤにて開催した、革日和の皆さんと出展した際の『スチームパンク』イベントにお越し下さった方が、はるばる青森から来てくださったり、レザーアワードの交流会で挨拶させていただいた方がお越しになられたり、個人的に最近仲良くなった(と勝手に思っている)Sさんがいらしたりと。。



21日(日)は、私はとっても充実した一日となりました✨(*´ω`*)✨



やっぱりね。


ワークショップってのは、ああでないと!!!(笑)



ずっと絶えずお客さんが我々の塗料の体験していって下さるんですよ。





体験された方は、百発百中



「すっごく楽しいね♪✨」




とおっしゃって下さります。



ウチのところでマーブリングをしたリーフを家に持って帰って髪用のゴムに加工して、再びものこぼまで足を運んできてその髪ゴムを見せに来て下さった方もいたりと…


なんだか、そういうのってほんの些細な事ではあるのだけれど、こういうのが私はとっても嬉しくて。



お客さんが「一度家に帰ってから作品にして、それを我々に見せてこよう💡」と思って作って下さったんだろうなぁという事を考えると、もうね。。胸がほっこりするのです。



リーフのマーブリングをされたお姉さん、ありがとうございました(*_ _)🌼



f:id:mille-misa:20181031153913j:plain
これがそのお姉さんが実際に作って持ってきてくれたリーフの髪ゴム↑




そしてですね、今回は浅草ものづくり工房にご自身の工房を構えていらっしゃるセカンドオーシャンのようじさんからお声掛けいただき、ものこぼでWSをさせていただきました!



またようじさんから「おいで~✨ヽ(・∀・)ノ」と呼ばれた際には(笑)、きっと来年・再来年も浅草ものづくり工房『ものこぼ』におじゃまさせていただけるかと思いますので、よろしくお願い致します(^^)



ようじさんと言えば❗️❗️



日本で有数の、靴を縫う大型でかなり難易度の高い機械を扱えちゃって、さらにさらにメカに強すぎて半端ないゴッドハンドの持ち主なのですよっ!!!✨(*゚Д゚)スゲェンスヨ✨✨



そんなようじさんが、靴を縫う用のミシンのデモンストレーションをされていたので動画に収めました。



その様子の動画はコチラ↓↓(スライド4枚目を観て下さいね💡)
私のInstagramページに飛びます🕊️🐤


https://www.instagram.com/p/BpQEdW7FQie/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1i7ddlhjgv57y




迫力凄すぎて半端ないっす。。



彼は本当にゴッドハンドなんです👐✨





そしてそっして~♪



今後のイベント出展・ワークショップ開催のお知らせです🌼(*´ω`*)




デザインフェスタvol.48】
会期:2018.11.10(土)-11(日)
時間:11:00-19:00
場所:東京ビックサイト西ホール
ブースNo.:C-23~24
※塗料販売有り



【ヨコハマハンドメイドマルシェ】
会期:2018.11.17(土)-18(日)
時間:11:00-18:00
場所:パシフィコ横浜 C-Dホール
ブースNo.:C-43~44
※塗料販売有り



【マクハリ ハンドメイドフェスタ】
会期:2018.12.22(土)-24(月)
時間:11:00-18:00
場所:幕張メッセ
※塗料販売有り




🎍✨年が明けて…2019年↓↓✨🎍




【ハンドメイドインジャパンフェス 】
会期:2019.1.12(土)-13(日)
時間:11:00-18:00
場所:東京ビッグサイト 西ホール
※塗料販売有り



【ハンドメイド メイカーズ 】
会期:2019.4.25(土)-27(日)
時間:未定
場所:東京ビッグサイト
※塗料販売有り




□ 革を染める(手染&マーブリング&メタリックペースト)ワークショップ
・コインケース
・鞄用ハンドルカバー
・ベルト(メンズ・レディース用)
・手帳カバー
・コードホルダー
・お財布ポシェット(大・小サイズ)
・メガネケース
・ペンケース
・キーケース



ブーススペースの都合上、座席数に限りがございます。
スムーズにご案内させていただく為にも、事前予約をしていただく事をオススメしております。



ご予約は m2.emuni@gmail.com 宛に
件名を「ワークショップ予約」にして
下記①〜④をご記入の上お申込み下さい



①お名前 *複数の場合は代表者名
②ご連絡先
③参加人数
④ご希望の日時



是非ぜひ!!
お気軽に遊びにいらして下さいね🌈🎨



レザークラフトのお題で、アツく語り合いましょうではないですか(。-∀-)b ニヤリ(笑)



当日皆さんにお会い出来る事を、心より楽しみにしております🌼





f:id:mille-misa:20181031112227j:plain


f:id:mille-misa:20181031112140j:plain


f:id:mille-misa:20181031112154j:plain





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

misaがコスプレ…!?? 本日は革日和♪スチームパークイベント、無事に完結☆

f:id:mille-misa:20181017014343j:plain



おはこんにちばんは!!!🌄☀️🌃



生まれつきのカラリスト Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]のmisaです。



10月6日(土)~8日(月)までの3日間、新宿オカダヤにて開催されたイベント『蒸気市場 STEAM PARK2018』に出展してきました~(^^)



ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました🌼(*_ _)



f:id:mille-misa:20181017014512j:plain


f:id:mille-misa:20181017101834j:plain


f:id:mille-misa:20181017101852j:plain


f:id:mille-misa:20181017101929j:plain


f:id:mille-misa:20181017101947j:plain


f:id:mille-misa:20181017102209j:plain




今回は革のスペシャリスト達が集まる「本日は革日和♪」の枠で私も自身のブランドM2の姉妹店であるLizedとして参加させていただきましたが、革日和の方々は皆さん気さくでお優しい方々でして…この業界では新参者である我々をあたたかく迎え入れて下さり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



レザークラフト界のアイドル、ルイルイ
レザークラフトフェニックス アラブさん、森さん
●クラフト社 鈴木さん、齋藤さん
●虹紙製作所 和田さん、しずなさん
●グッドレザー 長谷川さん、かがりさん
●RED-CAP & ZZ 谷本さん
●ア・スマート(株)
●新宿オカダヤ



3日間、ありがとうございました!!




今回のイベントで、私の中での一番大きかった出来事は、ルイ氏にわたくしめの名前を覚えてもらった事ですかな💡(^o^)笑



新橋のSLのところで、初めて村木さんとまともにお話をしたのですが(笑)、その際にルイ氏の考え方ややり方に共感出来るところが多々ありまして。



これは、私のボスでもあるりうさんの考え・やり方とかなり似ているものがあるのです。



f:id:mille-misa:20181017102027j:plain
右がルイ氏で左がわたくしmisa(笑)



f:id:mille-misa:20181017014620j:plain
新橋駅前にあるSL




村木さんかなり変な人ですが(本人にも何度も言ってる!w)、同時に凄く博識な方でもあります。



微力ながら、今後も皆さんと共にこの業界を盛り上げていけたらなと思っております。



今後ともLized共々、どうぞよろしくお願い致します_(._.)_





それから、クラフト社の齋藤さんと鈴木さんから人生初のカービングを教わりました!!



水を使わない or 水+塗料を混ぜたやり方…我々の塗料を使用する、新しい手法のカービングです。




f:id:mille-misa:20181017101627j:plain
左の2枚はmisaが初めてカービングをしたもの!(ガッタガタやな💧w)

f:id:mille-misa:20181017101649j:plain
こちらの2枚はクラフト社の齋藤さんにやってもらったもの✨
もうね、打ち方からして滑らかスムーズで素晴らしかった!!
最近仲良くしていただいております(*´ω`*)
タンナーの技術を応用させた、水を使わない我々の塗料を使用した新しい形のカービング技法を今後、私は日本中のレザークラフター達に提案していきます。




これまで私は再三口を酸っぱくして皆さんには、


『革に水は絶対にダメですよー!!!革に水を含ませると毛穴が開いて革が傷みますよー❗️❗️❗️💦』



とお伝えしてきました。



このカービングの件については、また日を改めて投稿しようと思います✏️(←インスタでは配信済み)




それからそれから、コチラの写真はスチームパンクイベントメイン会場にてゲットした品です✨(о´∀`о)



f:id:mille-misa:20181017102136j:plain



スチパン蒸気市場=タバコの煙、に被せているのでしょう。



シュタインズゲートというアニメのイベント限定コラボ電子タバコなのですが、いかんせん私はタバコを吸いません(笑)



んたけど、ここでしか手に入らないしお土産に買って行くことにしたのです🚬



ニコチンも入っていないので、身体にも良いのだそう💡



つい先日、タバコは更に値上がりもしましたし…従来のタバコよりもコストを下げられるとの事で。



なんか、人間の心理的に…特に日本人は “イベント限定❗️❗️コラボ企画✨ココでしか手に入らない!” 等という言葉に弱い生き物なんですよね。。



えぇえぇ、わたくしはまんまとその言葉に釣られているのを自覚しながら買ったのデスヨ。



この罪を認めます(。-∀-)w





そしてそして。


話はガラリと変わりまして…
先日、やっとこさ完成したNEWみるみさ看板が完成しました~🌼(*´∀`)



f:id:mille-misa:20181017102251j:plain


f:id:mille-misa:20181017102309j:plain


f:id:mille-misa:20181017102333j:plain


f:id:mille-misa:20181017102359j:plain


f:id:mille-misa:20181017102419j:plain


f:id:mille-misa:20181017102434j:plain



これを完成させた日は黙々とカラーを入れていたら気付いたら窓の外は朝陽が昇っていて、この看板のカラーを入れ終えた時は朝まで寝ずに作業に没頭しておりました(^^;)



結局その後、昼の12:00頃まで寝たんですけどね(笑)



今回作ったこの子は、イベント時に飾る用にします💡



2年前に作ったMille Misaの看板が大きすぎてイベントによっては展示出来ない時もあり、なるたけスペースとらん小型の看板を作りたいよーに作ってみた次第デス(^^;)←今回の絵に関しては原画はネットから引っ張ってきた!w



サイズがどれくらいかが分かりやすいように手を置きながらの撮影もしてみましたが、小型だけど若干大きめサイズかなと思います(←なんか言ってる事が矛盾している件w)



カラーを入れないver.と入れたver.では、どちらもそれぞれの良さがあるなと完成してから改めて感じました。



今回のに関しては、カラフルポップな感じにしたかったので色を入れる事を決意❗️❗️🌈🎨





はい!!!

という事で、お次もガラリと話が変わりますが…(笑)



今週は東京スカイツリーにて開催されるイベントWSが迫っております(^^)



現段階で予定している今後のイベント出展予定一覧を下記に記載します。



今年は残すところあと6回、来年は既に2つのイベント出展が決定しております💡



いつもイベントがあると必ず遊びに来て下さる方、本当にありがとう!!



はたまたなんとなく近くを通ってみて「面白そうだなぁー」と思って立ち寄って体験してみたら、めさくそ楽しくてその後繋がりを持って下さった方、そして「興味はあるけどちょっと行く勇気が…」と思っている方は、そんなこと気にしないで、お気軽にいらっしゃいな!!✨(・∀・)ノ



やらないで後悔するより、やって後悔した方が絶対良い❗️と私は思いますよ😁(←私のイベントに参加して後悔する人はこれまで百発百中いませんが(笑))


皆さん、口を揃えて「すっっごく!!楽しかった❗️❗️❗️✨✨」とおっしゃりながら、帰って行きます(^^)




【すみだレザーパーティー
会期:2018.10.19(金)-24(水)
時間:11:00~
場所:東京スカイツリータウンソラマチ5階 すみだまち処
※塗料販売無し
🌈misaの手染め・マーブリングWSは19(金)~21(日) 3日間のみ開催。物販は全日🎨



【ものこぼ】
会期:2018.10.19(金)-21(日)
時間:10:00~17:00
場所:浅草ものづくり工房
※塗料販売有り
⚠️スカイツリー催事と被っている為、misa不在



デザインフェスタvol.48】
会期:2018.11.10(土)-11(日)
時間:11:00-19:00
場所:東京ビックサイト西ホール
※塗料販売有り



【ヨコハマハンドメイドマルシェ】
会期:2018.11.17(土)-18(日)
時間:11:00-18:00
場所:パシフィコ横浜 C-Dホール
※塗料販売有り



【クリエーターズマーケット】⚠️調整中
会期:2018.12.1(土)-2(日)
時間:11:00-18:00
場所:ポートメッセなごや



【マクハリ ハントメイドフェスタ】
会期:2018.12.22(土)-24(月)
時間:11:00-18:00
場所:幕張メッセ
※塗料販売有り




🎍✨年が明けて…2019年↓↓✨🎍




【ハンドメイドインジャパンフェス 】
会期:2019.1.12(土)-13(日)
時間:11:00-18:00
場所:東京ビッグサイト 西ホール
※塗料販売有り



【ハンドメイド メイカーズ 】
会期:2019.4.25(土)-27(日)
時間:未定
場所:東京ビッグサイト
※塗料販売有り




□ 革を染める(手染&マーブリング&メタリックペースト)ワークショップ
・コインケース
・鞄用ハンドルカバー
・ベルト(メンズ・レディース用)
・手帳カバー
・コードホルダー
・お財布ポシェット(大・小サイズ)
・メガネケース
・ペンケース
・キーケース



ブーススペースの都合上、座席数に限りがございます。
スムーズにご案内させていただく為にも、事前予約をしていただく事をオススメしております。



ご予約は m2.emuni@gmail.com 宛に
件名を「ワークショップ予約」にして
下記①〜④をご記入の上お申込み下さい



①お名前 *複数の場合は代表者名
②ご連絡先
③参加人数
④ご希望の日時



是非ぜひ!!
お気軽に遊びにいらして下さいね🌈🎨



レザークラフトのお題で、アツく語り合いましょうではないですか(。-∀-)b ニヤリ(笑)



当日皆さんにお会い出来る事を、心より楽しみにしております🌼




f:id:mille-misa:20181017102544j:plain
スチームパンクのイベントで一緒に出展したフェニックスのアラブさんと撮った写真📸



f:id:mille-misa:20181017102607j:plain


f:id:mille-misa:20181017103335j:plain
世界でトップクラスのシェア率を誇るBOSCH(ボッシュ)。コスプレではないけれど、コンパニオンとして企業の展示会のブースに入る際はこんな感じになる(笑)





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

Japan Leather Awardに行ってきました&手染め革職人のワザ『アドバン/ブラッシュオフ』について


f:id:mille-misa:20181003015627j:plain



どもども~🌃(°▽°)


生まれつきのカラリスト Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]店長のmisaです。


ちょっと昼寝をしていたら、枕元でスマホがブーブー鳴るので画面見たら私のボスであるりうさんからで、彼のLINE通知で先程起床しました(19:00頃の話(笑))


せっかく染め染め第二段✨をお日光様が出ているうちに写真撮影しようと思っていたのに、時既に遅し……


お外は真っ暗くらくらです!!!(*`ω´*)ナンテコッタ!! パンナコッタ!!



はい。

という事でですね、本日は2つの話題について記事にしていきます_〆(゚▽゚*)メモメモ


1つ目は『Japan Leather Award 2018』について。


2つ目は『アドバン/ブラッシュオフ』という手染め職人の技法について。





f:id:mille-misa:20181003015747j:plain


『Japan Leather Award 2018』



9月27日(木)に二子玉川にて『Japan Leather Award 2018』の交流会にLizedりうさんと共に行ってきました(^^)


普段、私が自身のイベント出展・ワークショップの際にお客さんへ素材として提案しているお財布ポシェットをこのジャパンレザーアワードへ提出したのです。




f:id:mille-misa:20181003020253j:plain


f:id:mille-misa:20181003020314j:plain


f:id:mille-misa:20181003020358j:plain


f:id:mille-misa:20181003020417j:plain


f:id:mille-misa:20181003020432j:plain


f:id:mille-misa:20181003015941j:plain


f:id:mille-misa:20181003015957j:plain


f:id:mille-misa:20181003020026j:plain


f:id:mille-misa:20181003020042j:plain


f:id:mille-misa:20181003020101j:plain
レザークラフト界のアイドル、本日は革日和♪の筆頭者 ルイ氏もいた(笑)


f:id:mille-misa:20181003020120j:plain



交流会では1分間スピーチのアピールタイムがあったので、私も早口でスピーチをさせていただきました💡(笑)


1分以内で話せるよう、何度もストップウォッチを使いながら練習をしたのですが、いざ当日現場に行ってみると1分過ぎても大丈夫そうだという決断になり、練習の時よりも少し遅めに話しをしました🎤



その時の様子の動画はコチラ↓(笑)
https://www.instagram.com/p/BoRjLroFiXi/

私のInstagramページに飛びます✨( ・`д・´)キリッ



交流会の後はレザーアワード非公式の交流会があり、そちらにもおじゃまさせていただきました。


レザー好きの方々の集まりは、いろんな作り手さんがいらっしゃるのでいろいろと楽しいですね🌟


それとこの日は、レザー作家さんであり私と似たところのあるわっかさん(アニメ好きだったり、COやっていたりw)とお話出来た事が個人的に一番嬉しかったなぁ~🌼(*´ω`*)✨✨


今度は12月に名古屋で会えるかもですね!!


・☆・*・☆・*・☆・*・☆・*・☆・*・☆・*



f:id:mille-misa:20181003020517j:plain


『アドバン/ブラッシュオフ』



本日は昨日たった一回の軽い練習でわたくし見事に習得しました「色を押し込む」手法の染め方について書き殴っていこうと思います。


この「色を押し込む=落とす」というやり方は、実は前々から手染め職人がやってきている手法の一つなんです。



『ふき落とし/アドバン/ブラッシュオフ(brush-off)』




等と呼ばれています。


バフを使用して擦って濃淡を出すのですが、我らがリウッティー嬢によりますと「バフはいろいろある。フェルトだったり紙ヤスリだったり石だったり」という事で、わたくしmisaの使用するバフは、もちろんいつものお決まりの…『秘技ポンポン❗️』ですっ✨(笑)


では、これよりブラッシュオフに必要な塗料からご説明していきます。



【必要な塗料】


f:id:mille-misa:20181003020720j:plain

●プラントオイル:オイルを入れる理由は過去記事参照




f:id:mille-misa:20181003020802j:plain

●M2染料:お好きなカラーをどうぞ。初めてやる方に推進するカラーは、黒・紺・紫など濃い目のカラーも1色あるとふき落としがしやすいかと思います。暗い色があると、濃淡がハッキリして仕上がりも美しくなります。




f:id:mille-misa:20181003020835j:plain

●ディルエント:M2染料に適した配合比率の希釈剤です。このディルエントが重要ポイント。




f:id:mille-misa:20181003020906j:plain

●ウレタントップ マット(艶消し):コーティング時に使用します。グロスではなくマットを使うのがミソ!




f:id:mille-misa:20181003020927j:plain

●ハニークリームワックス/固形ワックス:天然由来成分100%の濃密なワックスです。防水防汚効果が得られます。




ブラッシュオフは濃度が大変高く分子がきめ細かいM2染料だからこそ、美しい発色を表現可能だと断言します。


市販品染料でも出来るっちゃできますが、プロの目…皮革用塗料の専門家であるりうさんから言わせてもらうと「毛穴の開き方が汚い。毛穴が汚すぎて、目が痛くな(以下略)」との事です。


なので、私は某タンナーも使用する本物のM2染料での正しい染め方を皆さんには胸を張ってオススメ致します💡



◎M2塗料をお買い求めいただく際は『M2公式サイト』よりご注文をお願い致します


🌈M2公式サイト🌈
https://www.m2-emuni.com




f:id:mille-misa:20181003021026j:plain
misaがアドバン仕上げを施した革たち


f:id:mille-misa:20181003021041j:plain
夜空のような、オーロラのような美しい発色を放ちます


f:id:mille-misa:20181003021100j:plain
この手法をたった1度の軽い練習のみでわたくしmisaは習得しました(笑)


【アドバン仕上げのやり方】


①革にプラントオイルを入れる


②M2染料で色を重ねていくように染める。重ね具合で落とし具合も変わってきます。最後は全面を黒や紫、紺色などで塗り潰したり、明るい発色のところはあえて塗り潰さなくてもおっけい。これは作り手のお好みで調整して下さい。


③ディルエントで染料を革の中に押し込む。ここの表現を「色を落とす」と呼ぶ人もいますが、ディルエントがついている手元のウエスなりタオルなり布、ポンポンを見てみるとさほど染料が手元のウエスに移っていない事が確認出来ます。つまりはディルエントで革の中に色を「押し込んで」いる事になります。



⚠️M2染料は分子がきめ細かい為、一生懸命やり過ぎると床面まで塗料が浸透します。夢中になり過ぎ注意です(笑)⚠️



~~🌈ここからは完全に私個人の発色重視のやり方です🎨~~



④色を押し込んだ際に落とし過ぎてカラーが不足している箇所には、新たに染料を足して染めていきます。ディルエントで希釈したM2染料自体が色を落とし込む役割も果たしているので、私はM2塗料での手染め自体が「アドバン仕上げ」の手法にかなり近いものであるとも感じています。


⑤ウレタントップマットを薄く塗り重ねる(やり方は過去ポスト参照)。その後ハニーワックスを塗って防水防汚効果を高め、色落ち防止の革に変身させる。




以上が一連の流れです。


普段の手染めが初級なら、このふき落としは難しさで例えるなら中級くらいかな(笑)


私はたったの一回でこのやり方を獲得出来たので、ぶっちゃけ誰でも出来ると思います💡



ですが、手染めはセンスが求められます。



色使い、配色…完成度や丁寧さetc...



同じ塗料を使っていても、作り手によって表現力は変わってきます。




それが手染めの醍醐味でもあり、面白いところでもあると私は思います(^^)


是非皆さんもチャレンジしてみて下さいね~🌈🎨


これらの手法のレクチャーをご希望される方は、お気軽に私も出没するイベントWSへお越し下さいませ✨ヽ(・∀・)ノ




下記10月~11月のイベント出展・ワークショップ開催のお知らせです🌈🎨


次回、新宿オカダヤでのイベントでは、わたくしmisaスチームパンクのコスプレします。



【蒸気市場 STEAM PARK2018】
会期:2018.10.6(土)-8(祝・月)
時間:11:00-19:00 ※最終日は17:00まで
場所:オカダヤ新宿本店 生地館 3F
※塗料販売有り



【すみだレザーパーティー
会期:2018.10.19(金)-24(水)
時間:10:00-18:00(仮)
場所:ソラマチ すみだまち処
※塗料販売無し
🌈misaの手染め・マーブリングWSは20(土)/21(日) 2日間のみ開催。物販は全日🎨



【ものこぼ】
会期:2018.10.19(金)-21(日)
時間:未定
場所:浅草ものづくり工房
※塗料販売有り



デザインフェスタvol.48】
会期:2018.11.10(土)-11(日)
時間:11:00-19:00
場所:東京ビックサイト西ホール
※塗料販売有り



【ヨコハマハンドメイドマルシェ】
会期:2018.11.17(土)-18(日)
時間:11:00-18:00
場所:パシフィコ横浜 C-Dホール
※塗料販売有り



□ 革を染める(手染&マーブリング)ワークショップ
・コインケース
・鞄用ハンドルカバー
・ベルト(メンズ・レディース用)
・手帳カバー
・コードホルダー
・お財布ポシェット(大・小サイズ)
・メガネケース
・ペンケース
・キーケース



ブーススペースの都合上、座席数に限りがございます。
スムーズにご案内させていただく為にも、事前予約をしていただく事をオススメしております。


ご予約はM2姉妹店Lized[リゼッド]へ

メールにて✉️info@lized.jpn.com から

件名を「ワークショップ予約」にして
下記①〜④をご記入の上お申込み下さい


①お名前 *複数の場合は代表者名
②ご連絡先
③参加人数
④ご希望の日時



それでは当日皆さんにお会い出来る事を、心より楽しみにしております🌼




f:id:mille-misa:20181003023214j:plain


f:id:mille-misa:20181003021129j:plain





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

エッジカバー50カラー以上100種類作ろう♪キャンペーン❗️❗️❗️


f:id:mille-misa:20180917145909j:plain




🌈🌈『エッジカバー(コバ処理剤)』50カラー以上100種類作ろう♪キャンペーン❗️❗️❗️🌈🌈



※詳細は文の後半に記載しますので、まずはココから読み進めていって下さい(笑)



どうもどうも~



生まれつきのカラリスト、Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]のmisaです。



唐突ですが、わたくしM2染料でコバを塗っていて、ずっと思っていた事がありまして。。



「M2染料、濃度が高くて分子がきめ細かいから中まで染料が浸透しちゃう…!!!」



という、質が良すぎるあまりにぶち当たる問題点。



写真を観ると、縁に染料が染みちゃっているのが分かります。



f:id:mille-misa:20180917150013j:plain



汎用品染料なら、濃度は低くて分子も粗い=中まで浸透しない=革の表面に乗っている原理なので、コバに塗っても全く問題ないのですよ。



これは一見、作り手からしてみると見映えも良いし楽だから『良いもの』というように捉えられがちですが、実はそうではないんです。



視点をちょっと変えて、革の事を一番に考えるてみると、染料が中まで浸透しない=革の表面に乗っている……つまりはこれって「染料」と名称をつけているくせに「顔料」みたいな染料って事になりますやん。



顔料ってのは、絵の具と一緒で粒子が粗いから革の表面に色が乗ります。

=革を折った際に下地の色が出る
=すぐに色が飛ぶ
=これはエイジングする塗料ではない



M2染料は銀面を染めている際にもコバの時同様、濃度が高く分子がきめ細かいインクを入れていくので



●革の芯まで染料が行き届く

●革を折った際に下地の色が出にくい

●すぐに色が飛ぶことはない=エイジングするという事





になります



そこで私は前々から思っていました。



「色付きのコバ剤があると、便利だよな…!!✨」



M2姉妹店のLizedでは色付きのコバ剤を取り扱っているのは知っていました。



ですが、私のショップでも取り扱うとなると…私の工房部屋、膨大な量の塗料で溢れ返りますやん…❗️❗️❗️((( ;゚Д゚)))💦💦ガクガクブルブル



それでですね。



M2姉妹店のLizedでは、只今「【THE ONE COIN】エッジカバーシリーズ」の開催をスタートさせました💡🏃‍♂️🏃‍♀️🚙💨



🌈ワンコイン命名権🌈始動です❗️❗️❗️




f:id:mille-misa:20180917150052j:plain

f:id:mille-misa:20180917151005j:plain

f:id:mille-misa:20180917151011j:plain



参加方法:リゼッド web shopより【THE ONE COIN】エッジカバーシリーズ


🌱Lized ウェブショップ🌱
https://www.lized.jpn.com



申告内容:必要事項を明記の上、コメントへ希望の色とグロスorマット



→[DIC COLOR] or [PANTONE]から指定下さい(ネットでディックとパントーン調べると出てきます)



→現行のカラーを試したい人も大歓迎です


申し込み期限:予定数量で終了します


発送方法:定形外郵便を予定


注意点:発送先は日本国内に限ります

おひとり1回までとなります


他の注文と同梱を希望する方は次回以降に使用できる500円OFFクーポンが付きます



梱包内容は3つ入ってます、各30mlにて↓↓↓

●エッジカバー クリヤー

●ウレタントップ マットコンク【新製品】

●お好きなカラー 1つ グロスGLかマットMを指定してください
(現行品を試したい人は、希望の色とグロスorマットを指定してください



30mlが3本と運賃込みでワンコイン企画❗️❗️



見事リゼッドの新色に採用された方は、その塗料の「命名権」も付いてきちゃいますー


例えば…

リウブルー??ミサオレンジ?

チャミグリーンとかミンマトロピカルとか???ハズカシィ(*ノω`)*:゚・☆

ナカチピンクとか(`・ω・)×ダメョ

(壮大なフリですのでスルーしてもおk。 by.りう



必ず命名はカタカナでお願いします

○○○▲▲▲がルールです(○にはお好きに、▲には色名ね

それも注文時に備考欄にてお知らせ下さい



✏️今回キャンペーンにてお渡しする塗料について✏️

エッジカバー クリヤー:コバや床面処理用で使って下さい

ウレタントップ マットコンク:色を付けたコバに塗ることで質感を艶消し(マット)にさせる事が出来ます
そのまま使用すると、ウレタントップのマットよりも艶消し効果があります



M2では今回のキャンペーンの人気度を参考に、わたくしmisaの気分で来月より「色付きのエッジカバー(コバ処理剤)」の販売を13色展開💡で新たに予定しています。



という事で、皆さん是非Lizedの公式サイトより奮ってご参加下さい~(^^)/🌟





f:id:mille-misa:20180917151107j:plain
以下、最近作った品々。。✨
詳細は私のInstagramに載せているので、そちらをご閲覧下さい♪(^^)


f:id:mille-misa:20180917151125j:plain


f:id:mille-misa:20180917151141j:plain


f:id:mille-misa:20180917151201j:plain


f:id:mille-misa:20180917151236j:plain


f:id:mille-misa:20180917151255j:plain


f:id:mille-misa:20180917151311j:plain


f:id:mille-misa:20180917152750j:plain


f:id:mille-misa:20180917152837j:plain


f:id:mille-misa:20180917152903j:plain


f:id:mille-misa:20180917151359j:plain


f:id:mille-misa:20180917151417j:plain


f:id:mille-misa:20180917151629j:plain


f:id:mille-misa:20180917151651j:plain


f:id:mille-misa:20180917151714j:plain


f:id:mille-misa:20180917151759j:plain


f:id:mille-misa:20180917152631j:plain


f:id:mille-misa:20180917151833j:plain


f:id:mille-misa:20180917151858j:plain


f:id:mille-misa:20180917152001j:plain


f:id:mille-misa:20180917152034j:plain


f:id:mille-misa:20180917152145j:plain
わたくしmisaがプロデュースするM2塗料たち


f:id:mille-misa:20180917152219j:plain
日本初の革専用マーブリングイン


f:id:mille-misa:20180917152259j:plain
手染め初心者の方にも分かりやすい、すたーたぁきっと!その②


f:id:mille-misa:20180917152344j:plain
某ヌメのタンナーも使用する本物の塗料『M2染料』
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です


f:id:mille-misa:20180917152403j:plain
皮革用塗料販売ブランド『M2 [エムニ]』
独創的配色デザインの革製品販売ブランド『Mille Misa[みるみさ]』
2ブランド同時進行で頑張ります!!





🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

ついに❗️❗️念願の工業用ミシン、腕ミシンが届いたっっ❗️❗️❗️❗️


f:id:mille-misa:20180914025546j:plain




どもども~🌟



生まれつきの『カラリスト』
Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]店長のmisaです(^^)



8月28日、ついにわたくしの工房にミシン様が届きましたあぁぁ!!!!!✨✨✨✨✨





f:id:mille-misa:20180914025618j:plain
車一台は買えてしまう価格の鉄の塊

f:id:mille-misa:20180914025643j:plain

f:id:mille-misa:20180914025711j:plain

f:id:mille-misa:20180914025744j:plain

f:id:mille-misa:20180914025809j:plain

f:id:mille-misa:20180914025835j:plain



これは、先々月姫路の革関係の方々に挨拶まわりをしに行った際に出逢った、スーパーマンMr.きみぃにオススメしていただいた工業用ミシンJUKIの「DSC-246」です。



わたくしmisaはミシンを縫える学校とかに行っていた訳ではなく、全くミシンに関しては無知ですが(笑)、まぁ……




「人生、何とかなるんすよっ💡ヽ(・∀・)ノワタシナラデキーーール!!!!」





という事で、手縫いに限界を感じてきたのもあり、ミシンを導入する事で製作時間はかなり短縮されますし、今後は作業効率・正確性の向上を図りつつ机に向かいます。



とりあえず、9月は完全なる引きこもりニートになり、このミシン様と全力で戯れるべくまずは木島さん監修の本を熟読し、DSC-246と親友になろうと思います(*´-`)✨✨✨




…とルンルン気分であれこれやろうとしていたのですが、腕ミシンの「みっしー」と汗水鼻水垂らしながら戯れようと思っていたのに来週から月末までは全て外での予定が入ってしまい、みっしーと血まみれになりながら格闘出来る時間が確保出来なくなってしまったのです。。。



あ、みっしーというのはこの腕ミシン様の名前です(笑)



ちゃんと我が工房部屋にみっしー入られてから、挨拶もしましたねん。




「これからどうぞ、よろしくお願いしまっす❗️❗️_(._.)_ペコリ(←最敬礼のおじぎ)」




ってね(笑)



いやはや、本当にMr.きみ氏は木材関係もメカ関係ももの凄~~く深い知識をお持ちの方で、私は彼を「スーパーマン3人分」のお人だと思っております。



とっても優しくて、親切で。
ジャンク品の機械も簡単に直して使えるように出来ちゃう、かなりハイスペックな方なのです。



きみさんに「今のmisaさんに最適な機種はこの台」だとオススメしていただきまして。



ミシンにもいろいろと種類があって、それぞれにまたさまざまな役割があるのですよ。。。(*´-`)



スーパーマンきみぃ、本当にありがとう。
のらこさんも、オススメのミシン糸を教えて下さりありがとう!!✨✨
今後ともどうぞ、よろしくお願い致します(*_ _)🌼



彼に木島氏の本を勧められて、アマゾンで購入したらこの前の横浜イベントで木島さんご自身がその本をその場で販売していたという事を当日知るというね(笑)



そして、そのアマゾンで入手した本にサインを書いていただき(´ρ`)✏️✨



その文字からもお人柄が伝わってくるようでした。



f:id:mille-misa:20180914031712j:plain
この本に木島氏にサインを書いてもらった(笑)


f:id:mille-misa:20180914031927j:plain
木島さんと実際にお話をした横浜素材博覧会後の貴重な夜🌃



4ヶ月前に革日和のイベントに出展させていただいた際に(おそらく)初めてお会いし、食事会で向かいの席に座った時には木島さんがこれほどまでに大御所の方だとは存じ上げておらず、今思うと私失礼な奴だったかもなぁとか思ったりもしました(^^;)



とりあえず!!!



みっしーとじっくり距離を縮めていきましょ♪ヽ(´▽`)/




~~~それから2週間後の9月10日~~~

↓↓↓↓↓↓↓↓




いやぁ~、っね❗️❗️❗️



みっしーこと我が親友(になる予定)の腕ミシンサマを、先ほど初めて動かしてみました✨ヽ(・∀・)ノ



ミシンを縫ったのは今日が人生3度目で、糸調子の調整やら糸通しやら、下糸の巻き方は誰からも教わった事がなかったので参考書を片手にあれこれやってみたところ、なんとか出来ました(笑)




うん。人生なんとかなるんすよww(←さっきも言ってたな 笑)






実際に腕ミシンを動かしている動画はコチラ↓
私のInstagramページに飛びます🐣

https://www.instagram.com/p/BngAomwADSe/





無事にミシンを動かし、(なんとか)自分一人で縫える事も確認出来たので、あとはネットショップに掲載している2年以上前から変わっていない革製品達をミシン仕様に総取っ替えするべく、縫う直前までの品々を大量に作らなくてはならないですな💡



いやぁ。。。ミシンって、こんなに素晴らしいものだったんですね✨( ω-、)カンゲキ!!!✨✨




そしてサーボモーターは神っ!!✨





これなら例え夜中に稼働させても、もの凄い高速で縫わなければ全く問題ない音です。



いや、低速を縫えるところもミシン初心者の私にとっては神です💡( ・`д・´)キリッ



こんな工業用ミシンに関しては全くの素人な奴でも、とりあえずセットアップも含め数時間あれば縫えるようになるって事を身を持ってココに証明します(笑)



今、工業用ミシンを導入しようかどうしようか迷われている方がもしいらしたら…私はオススメします👍✨



ただね、工業用ミシンってネットでやり方を調べようとしても、詳しい事を書いてある記事って正直な話、見当たらないんですよ💧



と言うのも、工業用ミシンで腕ミシンを縫う人って、それなりに専門の学校を出ていたりその系統の先生から教わるなりして世間一般の人達は習得するみたいなんすよね。



それでも、私は「私なら出来る❗️❗️❗️」という確信があったし、とりあえず物を買ってから知識ゼロの状態ではあったけれど、セットアップも完了させました。



特にサーボモーターに関しては何にも取説もなかったので本来は素人にとってはセットのしようもないのですが(笑)、わたくしmisaは変人なのでテキトーに設定して使えるようにしちゃいまし(以下略)



まだまだぎこちない所も多々あり、ミシンのベテランさんからしてみたら私なんぞは鼻くそみたいな縫い方かもしれませんが…(^^;)



とりあえず今日は、ミシンに慣れる意味で速度やカーブの感じ等、いろいろ試しながら縫って感覚を身体に覚えさせるところから。。



素人あるあるなのか、自分だけなのか…今日だけでボビンを何度も床に落下させてコロコロ転がし、糸をめっさ伸ばしてしまうというアホな事をしてしま(以下略)



また、この場を借りまして…初めてミシンの動かし方を教えて下さったセカンドオーシャンのようじさん、大阪におじゃまさせていただいた際に快くミシンのやり方を教えて下さったD.I.Y plusの西山さん、このミシンをオススメして下さり必要な備品や注意点、アドバイス等をめっさ親切丁寧に詳しく教えて下さったスーパーマン3人分のMr.きみぃ、それから工業用ミシンの本を監修している木島さんに心より感謝申し上げます。



本当に、ありがとうございます!!!



ミシンが故障してしまった際には、専門的な知識が必要になってきて自力では直すのが難しい事もこれから先、あると思いますが…なんとかみっしーと向き合ってやっていこうと思います。



こういう自身が使っているミシンの情報や作り方の工程のお話・やり方等は結構公に公開していない作り手さんが多いですが、私は惜しみなく自分の情報、そしてレザークラフトに関する正しい知識・お話を今後も配信していきます。



他のクラフターさんは、おそらくわざわざ自分が使っているミシンの機種とかを公表しないでしょうね。。それは、真似されたくなかったりetc...いろんな理由もあるものとお察しします。



ですが、今の時代は情報化社会です。



SNSが主流となり、ネットでちょろっと検索したり物を分析・分解すればカラクリがいとも簡単に分かってしまうような世の中です。



それだったら、私は惜しみ無く自身の手の内は皆さんにオープンしていこう❗️❗️と思い、情報を公開しています。



私はいち職人でもありますが、タンナーも使用している本物の皮革用塗料の販売もしている身です。



革職人・クラフター・作り手さん達の見本となる立場でもある為、今後も皆さんに我がM2塗料の事も知っていただけるよう頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します(*_ _)





f:id:mille-misa:20180914033042j:plain
当ショップの皮革用塗料『M2染料』
汎用品染料と比べると大変濃度が高く、分子がきめ細かいのが特徴です

f:id:mille-misa:20180914033102j:plain






🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

防汚コートと経年変化


f:id:mille-misa:20180907192830j:plain




⚠️今回の記事は職人・クラフター・作り手さん向けの内容となっており、7,000字程の長文ですので途中息抜きをしながら読み進めていって下さいね(笑)⚠️



どもども~☀️😎

Mille Misa[みるみさ]/M2[エムニ]のmisaです

先日、Lizedりうさんの大人の工場見学会を開催しました(^^)

普段から我々のWSに足を運んで下さる方や、はじめましてのお兄さんもいらっしゃいました

工場見学はもちろん、革についてのお話や実験のような事もしました

普段皆さんが感じている革についての疑問等にも、りうさんは全てお答えしておりました💡

そしてですね、今回皆さんにお伝えする写真・記事の内容は「防汚コート・経年変化」についてのものです


以下、りうさんのブログ記事を参考文献にしつつ話を進めていきます


「タンニン鞣し生成りの革はそのままだと汚れやすいが、防汚効果を向上させ、それでも経年変化をさせられる事は可能か?」


答えは、可能です

汚れづらいけど経年変化がする革にする工程を紹介します


普段皆さんが手染めやカービングをする際に使用するヌメは、染まりやすい革であり汚れやすい革でもある下地です

直にワックスを塗れば黒くなり、水を付ければ跡が残ります

WSでは手染めをすることが前提なので、ワックス/クリームで色の深みを出しながら防汚効果を向上させてます

M2で販売している固形・クリームワックスは天然原料100%の為、大変質が高く革によく馴染むので、革に入れると地の色が上がります(濃くなります)

だいたい汎用品のワックスは、ほとんどのものに水が多く含まれており、色はさほど上がらないでしょう

私は普段から明るい染料を使う事が多く、ワックスを塗っても明るい発色をなるべく維持させたい派だったのですね

んでも、私のところで販売しているM2ワックスは添加物を一切使用していない良質なワックスなので、手染め後に塗ると必ず明るい青色も若干緑がかったような、深みのあるカラーになってしまっていました


「天然原料100%のワックスを塗れば、色が上がるのは当たり前なのだが、どうにかして染料本来の色目をなるべく変えずにコーティングは出来ないものなのか…」


更にもうひとつ。

最近、よくいろんな方々のインスタやSNSでも目にする『経年変化』というもの

正直な話、その経年変化って本当に『経年変化』と言えるものなのでしょうか?

ここのところ、りうさんはよくこう口にするのです↓


「結果を『経年変化』という言葉で美化してるだけで、劣化しているだけにしか見えない」


と。

革は高い素材と認識されていて、商品にも価値が転嫁されています


「色が褪せる」「型が崩れる」「手垢で黒ずむ」etc...


これって、本当に経年変化なのでしょうか?

かっこいいものなのでしょうか?


流行も趣味も否定はしません

それらをあえて狙ってるのなら良いのですが、そうなってしまった事を『経年変化=エイジング』と呼ぶのは、おかしくありませんか??


違う視点で考えると、

「革って高価ですよね?革製品は長持ちしますよー」とか

「下手したら一生もんですよ~」とか

そのような言葉を良く皆さんも耳にしていると思います

ですが、最近よくSNS等でも見かける「経年変化で半年でこれだけ色が変わりましたー」とか「すぐにこうなります(手垢で黒くさせました)」等という投稿……

これらは本当の意味の経年変化を知らない発言ですよね。

革製品は本来10年くらいは普通に使えるものなのに、半年でこれだけ色が変わってしまったら、1年も経てばドスが効いた真っ黒になっちゃいますやん(笑)

本来革は長い年月をかけて、じっくり経年変化をさせるものです

たかだか数ヶ月で色が変わって経年変化しました!とか、言えるようなものではないのです

それは単に汚しているだけっす

黒い革の黒さが増すだとか、色の深みが出るとか、使い込んで磨き艶が出るとか…

それらは製品メーカーやブランドがタンナーと用途に合わせて、狙って開発するわけで。


手染めをしている方でもエイジングで色が変わりますよー、徐々にこの発色は落ちてしまいますよー、等とおっしゃっている方を見かけますが、お客さんが買うきっかけとなったあなたが染める色目・カラー・発色等が少しでも長い期間、鮮やかに残った方が良いのではないかと私は思います

では、どのようにしたら染料の発色をなるべく落とさず、明るい発色を維持させながらコーティング加工出来るのでしょうか?



f:id:mille-misa:20180907193005j:plain



「タンニン鞣し生成りの革はそのままだと汚れやすいが、防汚効果を向上させ、それでも経年変化をさせられる事は可能か?」


「手染め後の染料の発色をなるべく落とさず、明るい発色を維持させながらコーティング加工させる事は可能か?」


答えは、可能です

汚れづらいけど経年変化がする革にする工程を以下、ご紹介します


動画をメインに写真と共に、文章を読み進めていって下さい


※動画は下記私のInstagramページに掲載しています

https://www.instagram.com/p/BnVYI-Fgqao/



動画で一番最初に塗っている塗料はウレタントップのマット(艶消し)です

大人気のウレタントップ グロス(艶有り)ではなく、マットを使用するのがポイントです



f:id:mille-misa:20180907193031j:plain
左からM2ウレタントップグロス、スタンダード、マット



グロスとマットの違いは、単純に「艶が出るか消えるか」ってだけです

簡単なことですね(笑)

艶が出ると革の細かな傷やスレが目立ちやすいので、マットの使用をオススメします



①M2のウレタントップのマット(艶消し)を薄~く塗りました
革の上半分にのみウレタントップマットを塗り、下半分には何も塗っていません

乾くとさほどムラは目立ちません


②ウレタントップマットが乾いたら(動画ではドライヤーで乾燥を速めました)、何も塗っていない箇所とウレタントップマットを塗った箇所にM2の固形ワックスを塗ってみます

縦方向にワックスをグリグリ塗りました

上半分の加工済みの箇所にはワックスのシミがありません

このワックスは一つ前のポストでもご説明した通り、天然原料100%の濃密なワックスなので、革によく馴染み濡れ色(色が上がる・濃くなる)になりやすいです

よく市販で出回っているワックス達のほとんどは、水などの添加物が多く含まれているので、さほど色は上がらないでしょう




f:id:mille-misa:20180907193119j:plain

f:id:mille-misa:20180907193138j:plain


③ウレタントップマットを塗った上半分と、何も塗っていない下半分のワックスを縫った箇所の色の変わり具合がよく分かりますね

ワックス特有の磨き艶も出ているので、差がはっきりと分かります

キレイに仕上げたい場合は、ウレタントップマットを塗り重ねる際によく乾燥させてから重ねていった方が良いと思います




f:id:mille-misa:20180907193216j:plain


④最後に水を垂らしてみました
何も塗っていない左下未処理の箇所は、簡単に水が革に入っていきました

処理した箇所は水滴となって、革が水を弾いているのが分かります

しばらくそのまま放置していたらシミになる可能性はありますが、たいていの人は革に水が付いた事に気付いたらサッと拭くなりして対処しますよね?

それまでの間に水に耐えられる革になれれば良いのです


ポイントとしては

★ウレタントップのマットを使用すること

★ウレタントップのマットを塗る際には薄く塗り重ねること


これで汚れづらいけど経年変化がする革の完成です✨✨


当店のM2ワックスは塗ると防水防汚にもなり、ある程度の水も弾きますが、ウレタントップマットを塗ってからワックスを塗ると、ワックスが革の表面に残る為防水防汚の効果が直接革に塗るより強まります

動画を観て分かる通り、これは手染め後にやっても同じ事が言えます
手染め後にワックスを入れると生成りの革は肌色をしているので例え明るめの青色の染料で染めたとしても、緑がかったような若干暗めの色になってしまいますよね

ですが、その問題も手染め後に当店のM2ウレタントップ マット(艶消し)を使う事によって防ぐ事ができ、更に防水防汚の効果もより強くさせる事が可能になります

下地(手染め前の革)にプラント・アニマオイルを塗りこんでおく事で、オリジナルの防汚性のあるオイルレザーも作れますね


ウレタントップマットをトップコートとして使う事により、手の垢や日常生活を送っていく上で自然と汚れてしまう汚れを防ぐ事が出来ます

つまりは、従来『経年変化』と呼ばれている本当の意味での経年変化=長い年月をかけて味わいのある感じに、ゆっくりと変化を楽しめる革を個人の作り手でも作れる事になります

タンナーが作った革は、数ヶ月で色が真っ黒になったりしませんよね?

長い年月をかけてこそ、本当の意味での『経年変化』と呼べると思いますし、それこそが『経年変化』なのです

たかだか数ヶ月・半年くらいで黒く(人によっては経年変化と呼んでいるような汚れ)になるのは、ヤバイっすよ

それは、単に革を汚しているだけだという事に、世のクラフターさん達に気付いてほしいです



f:id:mille-misa:20180907193256j:plain
この前のりうさん主宰、大人の工場見学会の様子

f:id:mille-misa:20180907193313j:plain

f:id:mille-misa:20180907193411j:plain

f:id:mille-misa:20180907193521j:plain

f:id:mille-misa:20180907193539j:plain

f:id:mille-misa:20180907193602j:plain

f:id:mille-misa:20180907193620j:plain

f:id:mille-misa:20180907193641j:plain

f:id:mille-misa:20180907193750j:plain




Lizedりうさんや私が発信していくレザークラフトに関する話は、タンナーがやっている技法を個人の職人・作り手さんにも出来るよう、個人向けに応用させた内容となっております

その為、我々が発信していく話はこれまで個人の方々の中には知っている人はいなかっただろうし、発信もされてこなかった内容です

ぶっちゃけた事を言うと、タンナー等の企業ではない個人の作り手相手に発信していける人・していこうと試みた人がいませんでした

りうさんは普段は日本国内はもちろん海外の企業・タンナーにドラム缶単位で塗料を開発・製造して売っている人なので、彼の発言する事に「間違い」という三文字は存在しません

正直な話、現在のレザークラフト業界は低迷しつつあるのが現状です

この業界の高齢化が進み、正しい革の知識や情報を知っている世代の方々が我々若者世代にきちんと革の事を伝えきれていないのが現状なのです

ハンドメイドブームが波に乗ってきた昨今、独学でレザークラフトを始めたり、まわりの人達がやっている事を見よう見真似であやふやな知識でやってしまっている人がたくさん出てきた結果、今のレザークラフトをやっている方々達の間では、本来は正しいとは全く言えないような技法・やり方・知識・情報が当たり前かのように浸透し、出回ってしまっているのです






私は、そんな日本のレザークラフト業界を一新させたいのです。

.
.

そんな世の中になってしまっている現状が、悔しくて、悲しくて、堪らないのです。







携帯電話は良い例で、例えば20年程前だとストレートタイプで画質も粗く、画面も小さい通話しか出来ないようなものしか出回っていませんでしたが、今ではとっても画期的な、進化を遂げた大変使いやすいタブレットタイプのスマートフォンが普及しています

その一方、我々レザークラフト界はどうでしょう?

20年、30年……もしかしたらもっと前の時代の頃から何も技法も変わらず、昔のままのやり方・技法・情報・個人の作り手が独学でやってきたやり方が独り歩きしてしまったような誤った手法が多く出回っているように見受けられます

時代は着実に前へ進んでいます

時代の変化と共にテクノロジーも発達し、我々人類の生活もより良いものを求め、提供し、住み良い環境になってきています

そんな進化する時代に生きる私達ですが、レザークラフト業界は残念ながら昔からさほど変わっておりません

今、レザークラフトを楽しんでいる皆さんにも、この現状に気付いてほしくて、この業界を変えたくて、私はりうさんとタッグを組んで活動しています

一人でも多くの革を愛する作り手に、新しいものを取り入れる勇気を持っていただきたい

昔からの伝統もジャンルによっては大切だったりもしますが、それが全てではないし、一番良いやり方であるとは限りません

いつまでも昔から出回っていて個人のクラフターが独学でやってきて広めたような手法が独り歩きをしてしまったやり方を当たり前かのように「正しいやり方」というような認識に思っている方がたくさんいらっしゃると思います

カービングの先生として生徒を持ち、カービングを教えているような人でさえ、悲しい事に革に水を含ませてからのカービングを推奨してしまっています…

中には正しいやり方もあるとは思いますが、私は切実に日本の職人・クラフター達にこの現状に気が付き、知って、変わってほしいと願っています

我々が広めていっている技法や知識・情報・考え方等を今、この記事を読んで下さっている方々全員に無理やり押し付けるつもりは全くありませんが、賢く理解でき、このやり方を自身の頭に入れ、これからもっともっとレザークラフトの知識を深めたいと強く思っている方、より自身の腕を磨きたい方にのみ分かっていただければ、私はそれで十分です



f:id:mille-misa:20180907194042j:plain
工場見学会の時にmisaが唯一染めた、筆を使った色見本



トップコートは色落ち止めと防汚を兼ね揃えるのが基本で、M2でなくてもトップコートを販売しているお店はあります

買ってきた塗料をそのまま皿に盛って使用するのではなく、買ってきたものを自分の目的に合うようにアレンジすると、個性ある革製品になっていきます

まずはこの “考え方” をご自身の頭の中に入れて下さい


もし、今後もこのまま「革は汚れやすいのが経年変化」だと認識され続けていくような世の中になっていくのであれば……

極端な話、レザークラフト業界はキレイ好きな人達には敬遠されていくような世界になっていくでしょう

ですが、本来革ってそういうものではないと思うのです

塗料屋であるりうさんは、こう言っております↓


「塗料屋としてそういうことを防ぐ工法を提案しているのに、劣化を経年変化と表現することで美談にしてる人が最近多いなぁ。。。

『この汚れやすい革、どうにかならないのかー!!!』って、なぜ誰も声を出さない?

これって経年変化なの??
早い劣化じゃないの❓️❓️
用途に合わせて革って選ぶべきじゃないの❓️❓️❓️

わたしだけかな。。早く黒ずむのを劣化と思ってるのは。(by りう)」


革製品を買う時にさ、これは傷付きやすいので触らないでとか。。。

つまりはそれは、使い始めたらすぐに壊れるのか?ってことになっちゃいますやん(笑)

なんでも見た目だったり某有名なブランド名がついてる革ってだけで、使う素材を決めちゃダメですよー、あなたの個性はどこにあるんですかー?

革は○○レザー(ブランド名)使ってますとか。。。

我々個人の職人やクラフター、作り手にとって、本当の意味で大切な事ってそこじゃなくて、


「これはお財布だから●●の箇所に▲▲する事に気を付けて、■■こうして工夫して作っています」


とかでしょ❗️❗️❗️

ブランド名のある革を使う事を否定している訳ではありませんが、ぶっちゃけブランド名のある革を使って革小物を作っている⚠️“だけ”⚠️になっていませんか?

そこにあなたのオリジナリティー・個性は組み込まれていますか??

その個性ってものは、誰にでも出来るような事ではなく「あなただけ」にしか出来ない事であると、胸を張って言えるようなものですか???

そのうち、世のクラフター達みんなが皆、同じ革を使って同じ目線でものを作り、SNSでも同じような革小物の写真が溢れていそうで怖いすよ。。(まさに今、そうなりかけているかもしれない)

革に携わる塗料屋やタンナーは、水が革についてもやわくならんよう革の耐久性等を試行錯誤して上げているのはもちろん、人口汗やらの耐久性とも試験を重ねて戦っているのに…
.
個人のクラフターさん達の多くは、革を水で濡らしたり、水で濡らした革にカービングをしたり、水で薄めた染料で手染めしたり、手染め前に革に水を含めさせたり、革を水にバシャバシャ濡らして絞り・成形をさせたり……


革に水は本当、NGですからね❗️❗️❗️💦


お手入れは手垢で十分。。それが経年変化だ!とかっていう考えや発言をもしされている場合は、今日からこれだけは止めましょう



最後になりますが、今回ご紹介したものの他にもトップコートのやり方はたくさんあると思います

M2塗料は高濃度の設計から配合を前提としています

それは使い手の方々がオリジナル工法を見つけやすいようにする為でもあります

M2塗料は、混ぜちゃいけないものだけ理解して覚えれば、あとは何しても大丈夫です

最終的に見た目が良くて、色落ちなどの耐久性をクリアしてればOKなので

革によって同じ革でも部位によって答えが異なります

どこの箇所を使用してもほぼ同じ品質のテキスタイルではありませんからね

だから、革って面白いと思うのです





P.S. りうさんSNSでは顔出しNGなので、スタンプ貼っときました(笑)







🌈M2公式サイト🌈

https://www.m2-emuni.com

某ヌメのタンナーも使用する本物の皮革用塗料『M2塗料』の販売をしております
30年以上に渡り、国内外の企業へ販売実績がある塗料です
濃度が大変高く、分子がきめ細かいのが特徴です
他ではまず手に入らない、プロ仕様のM2塗料…ご自身の手で実際に試していただければ、必ずその良さを分かっていただけると思います




🍀Mille Misa公式サイト🍀

http://www.mille-misa.com

misa店長の1号店です
このブランドでは主に女性向けの可愛らしい革製品を製作・販売しております
他にはない、個性的な革小物…ココにあります




🌼misa店長のインスタグラム🌼

https://www.instagram.com/millemisa_m2/

更新頻度は2日に1回くらい💡
是非ぜひ!お気軽にお友だちになって下さい(^^)/
わたくし、飛んで歌ってスキップながら喜びの舞を踊っちゃいます(笑)





ブログランキング(にほんブログ村)に気ままに参加中☆(←多忙の為ブログの更新頻度多くないので上位にはランクインしませんがw)

コチラ↓を突き指しない程度によろしくどうぞm(_ _)m


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村